KOWALSKI WOOD&STONE

南極観測隊サングラスの製作が直前でスケジュールが飛んでしまったので、10年振りで大人しい8月を過ごしております。
お盆の最中であっても遠方よりお客様にいらして頂いたり、馴染みのお客様にいらして頂いたりと忙しくさせて頂いております。

サングラスを使うピークシーズンではありますが、作る方は一段落。
腰を据えてやりたかった事があったので、パソコンの前に張り付いている最近です。

 

kowalski-5
春にニューヨークで行われた眼鏡見本市”VISION EXPO EAST”で、一番気になっていた眼鏡が入荷してきました。
ウッド(木)・メタル(金属)・ストーン(石)・カーボンを組み合わせたコワルスキーのWOOD&STONEコレクションです。

 

kowalski-6
↑のモデルはウッド・カーボン・ストーン・アセテートを組み合わせたモデルで、テンプルやノーズの調整が可能です。
数年前からストーンを使った眼鏡に興味があって、海外展示会でチェックを欠かさなかったのですが高い!
ゆうに10~20万円していました。

コワルスキーのWOOD&STONEコレクションは¥55000~と現実的に楽しめる価格なので即決してセレクトしました。

 

kowalski-8
KOWALSKI WOOD&STONE
RICKY 55000yen + tax

 

kowalski-2
サーモントも積層ウッドの表面にストーンが貼り付けられています。
こういった木や石の眼鏡はフィッティングが出来ないものが殆どなのですが、異素材を組み合わせながら良く考えられています。

 

kowalski-3
横から見ると素材がラミネートされているのが分かります。
展示会の度にコワルスキーのドイツ人社長に合うのですが、かなりクレイジーな物づくりをする方です。

 

kowalski-4
WS 60000yen + tax

取扱には気苦労が多いのですが、木や石の天然素材を掛けるという満足感は高いと思います。
重さ的にもアセテートフレームより少し重いかな?と言う程度です。

kowalski-7
それぞれに表情が違う眼鏡なので愛着も湧くと思います。
日本でもそれほどセレクトしているお店は多くないと思うので、一見の価値はあると思います。

こんな珍しい眼鏡を今後セレクトしていく予定です。
お楽しみに。

 

 




 

 

メガネナカジマレンズカスタムEX.➾Twitter
メガネナカジマライフスタイルBook.➾Instagram
メガネナカジマフェイスブック➾FaceBook
メガネナカジマオンライショップ➾SHOP-N
ドイツ式両眼視検査➾ご予約

 

 

 

This entry was posted by Nakajima in