GROOVER by GYARD

gyard-2
GROOVERより自社工場「GYARD」から生み出される製品がラインナップされ始めています。
2011年に関東唯一の生産工場が閉鎖され、伝統的な眼鏡工場が無くなってしまいました。
先日のブログでも書いた通り、横浜で伝統製法に則り復活させました。
職人さんも熟練の方々に集結して頂きました。
国産最上級のプラスチックフレームと言って過言ではありません。

 

groover-kensignton
まずは小振りなシェイプで新しいGROOVERの提案をする”KENSINGTON”。
絶妙なサイズ感でクラシックフレームには無い大きさとなっており、今回のコレクションでは最も人気のあるモデルとなりました。

 

groover-thrash
“THRASH”はスクエアシェイプの大きめサイズで、デイリーに掛けられる大人しめのデザインですが、掛けるとシャープです。
ケンジントン&スラッシュはメンズライクなデザインをしていますが、女性の方に人気があります。
ホントにそういう時代な感じをヒシヒシと受けている今日この頃です。

 

groover-dool
今回のコレクションの中でクラシック感が一番あるモデル”DOLL”。
実はDOUBLE DECKERに次ぐ鼈甲モデルとしてリリースの準備をしていましたが、ヴィンテージ眼鏡ではフィッティングが合わないから通常ラインで出して欲しいとのご要望がありレギュラーラインとしてリリースとなりました。

確かにクラシックテイストというより、ヴィンテージライクなモデルは少なく、リアルヴィンテージはコンディションやフィッティングなどのトラブルが付いて回ります。

いま流行しているクラシック眼鏡とヴィンテージ眼鏡は厳密に言うと年代が少し違います。
クラシック風眼鏡は80代~90年代に流行したモデルの再燃ですね。
ヴィンテージ眼鏡の人気どころはそれより前の物が多く、サンプリングがあまりされていません。

鼈甲シリーズはネクストを常に準備していますが、吟味に吟味を重ねていますので、出すに出せなくなってしまうデザインも多くあります。

 

groover-vernn
最後にご紹介は”NEW VERNON”。

前バーノンのテンプルをプラスチックにしたバージョンです。
前モデルはメタルテンプルでしたが、プラスチック工場の新設に伴い、よりプラスチックフレームの印象に強いものへ仕様を変更しました。

カラフルなカラーリングが特徴で、ヨーロッパでは断トツの一番人気になっているモデルです。

 

groover-apollo
人気モデルも新色を追加しています。
“APOLLO”と”LEXINGTON”,”NEW ENGLAND”に新色を追加。

 

groover-lexsington
メガネナカジマに本日NEW VERNONが入荷したので、今春のコレクションをフルバリでご覧頂けます。

クセのあるデザインのGROOVERはビジネスシーンなどにはマッチしないかもしれませんが、個性的なライフスタイルを送る方に人気があります。
ブランドネームのように、ノリのよい心地よいデザインを提案し続けております。
GROOVERを掛けている方の人生、そのものになれるような眼鏡でありたいと願っています。

 

 

G.W中にお暇でしたらGROOVERの新モデルをチェックしにいらして下さいませ。

 

 

 




 

 

メガネナカジマレンズカスタムEX.➾Twitter
メガネナカジマライフスタイルBook.➾Instagram
メガネナカジマフェイスブック➾FaceBook
メガネナカジマオンライショップ➾SHOP-N
ドイツ式両眼視検査➾ご予約

 

 

 

This entry was posted by Nakajima in