bootが選ぶ曇り止めランキング

これからの時期はもっとメガネが曇ります


コロナウィルス感染拡大により、マスクの着用が非常に増えました。
そこでメガネやサングラス、保護ゴーグルのレンズの”曇り”にお困りになられた方も多いハズ。
例年、冬が近づくとメガネの曇り止め商品が売れるのですが、今年は空前の需要が生まれた”曇り止め”です。
これからの寒くなる季節を迎え、より一層と必須アイテムになっていくと思います。

その曇り止め商品も液体やジェル、スプレーなど効き目も様々。
今回のbootではそれらを相対的に考えて「ベスト3」を選んでみました。

第3位 フォグストップカン


メガネ拭きにメガネの曇り止め液を染み込ませており、メガネの場合で約300回使用できます。
一番お手軽な曇り止めになるのですが、缶が少し大きめなのと値段が少し高め。
メガネ拭きのみのタイプも販売されておりますが、乾いてしまうと効果がなくなってしまうので缶タイプをオススメしたいです。

効果の実感としては「高いほう」だと思います。


製品名:フォグストップ缶
数 量:1枚入り
サイズ:15cm×15cm
使用回数:約300回
価格:¥1200(税抜)

 

 

 

第2位 ピュア200 曇り止め


メガネ屋さんで売ってる曇り止めの定番と言えばピュア200。
液体タイプで拭き残りが少ないタイプです。
「窓ガラスに使ってます」など様々な用途で使われており、小さくて¥200という価格も魅力。
恐らく一番売れている曇り止めだと思います。

効果は「極めて標準的」と言ってよろしいかと。

製品名:ピュア200 曇り止め
容 量:12ml
使用回数:約80回
価格:¥200(税抜)

 

 

 

第1位 エキストラアンチフォグ


これぞ最強の曇り止めと言うべきエクストラアンチフォグ。
ジェル状でレンズの両面へ均一に塗り広げるのが難しいのですが、効果と持続性の両面でNo1だと思います。
使い方は米1粒程度だして、指で塗り拡げるのがポイントです。

効果としては「極めて強力」だと思います。

製品名:エクストラ アンチフォグ
容 量:5g
使用回数:約30~40回
価格:¥550(税抜)

 

これからの季節の曇り止め選びにのお役に立てたら幸いです。

 

 

 

  1. この記事へのコメントはありません。