NYC TRIP 2

nakajima-ny-3
N.Yな眼鏡屋CHECK

SELIMA OPTIQUEのヴィンテージアクセサリーと美容室を併設したSHOPをチェック。
アイウェアのヴィンテージよりもエルメスやヴィトンのヴィンテージアクセサリーセレクトが際立っていました。

この感じは色んな所でもう飽和してるような気がして、ちょっと好みでは無かったです。
嫌いではありませんが、ヴィンテージアイウェアも私達からすると守備範囲外で、このところの飽和感が否めません。
さすがはN.Y、どこのお店のスタッフもスタイリッシュな人が多いです。

 
nakajima-ny-1
MOSCOTの直営店にも行きました。
250ドルのワンプライス的な価格設定でした。(メタルは少し高かったかな?)
ROBERT MARKにも行きましたが、世界中の眼鏡屋はいつも通りあまり面白くありません。

 

nakajima-ny-2
Ralph Laurenオンリーのアイウェアショップもありました。

NYの中心街でちょっと期待しましたが、グローバルな商品ラインナップでした。

この他にも沢山の眼鏡店に行きましたが、セレクトショップに行ってもヴィンテージショップに行っても、刺激はありませんでした。

これは世界的なトレンドなので仕方ありませんが、いざ自分の店に置き換えるとどうかな?と考えました。
自分自身も似たようなスパイラルに陥っていることに気付きます。

新しいモノを探すとかではなく、違う角度から色々と考える事が出来た旅になりました。
世の中は残念なことに色んな事が平均化され始めているようです。

メガネナカジマとして少しBREAK THROUGHが出来そうなヒントを見つけました。
とっても大事な事に気付けたので、色々と取り掛かっています。

 

nakajima-ny-6
MOMAへもとりあえず。

 

nakajima-ny-7
メトロポリタンへもとりあえず。

ミュージアムは楽しいのですが、頭が疲れます。
MOMAくらいの規模と展示内容が私達にはちょうど良いです。

 

nakajima-ny-5
OAKLEYのショップも覗いてきました。
5番街とタイムズスクエアに店舗があります。

ここ数年で急激なグローバル化が進んだOAKLEYは、世界的に凄い規模になりました。
スポーツサングラスブランドがここまで成長出来たのは、万に一つの確率かもしれません。

“金字塔”と言っても過言ではないでしょう。

見慣れた普通のブランドなってしまい残念な気もしますが、20年前には想像も出来ませんでした。
本当に出てきた当時は、衝撃的なカルトブランドでした。

今もそのデザイン遺伝子は継承されていると思います。

 

nakajima-ny-4
OAKLEYのNEW X-METALを試着。
日本のOAKLEYディーラーだと言ったら色々と説明してくれました。

だから日本のディーラー・・・・・・だってば・・・。

 

 

nakajima-ny-8
この旅の本命はこれだろと皆に言われていますが、NBAをマディソン・スクエアガーデンで観戦してきました。

ニックスVSスパーズ、ニックスVSウルブスの2戦。
2試合も観てきたのが、そう言われる所以なんでしょう。

全盛期から少し陰りの見え始めたCarmelo Anthonyをこの目で見たくて行きましたが、ケガのため出場せず。

縁が無かった、、、、、、。

全くNBAに興味の無いスタッフ RYOは”2試合も?”と思っていたと思いますが、2試合ともOTに突入。

楽しめた・・・・・はずです。

スポーツエンターテイメントはアメリカを代表するコンテンツなんだなと実感。
そういう世代に育ってしまったわけか、純粋に観れて嬉しいのであります。

 

 




 

 

メガネナカジマレンズカスタムEX.➾Twitter
メガネナカジマライフスタイルBook.➾Instagram
メガネナカジマフェイスブック➾FaceBook
メガネナカジマオンライショップ➾SHOP-N
ドイツ式両眼視検査➾ご予約

 

 

 

This entry was posted by Nakajima in